2018年12月22日土曜日

実は行きは散々迷ってやっと辿り着いたものの、帰りのルートを検索してみたら「カラフルタウンの真南」じゃん…ってオチだったということで。

木曜の夜にツイッターを覗いていたら、フォロワーの人が「れんこんカツ丼」なるンマソーなワードをつぶやいていて、なんじゃろか?と聞いてみたら、何やらTVのバラエティでこちらのお店が紹介されてたそうで。

れんこん料理・和食 竹扇
http://chikusen.gozaru.jp/

オイラのとこから近いんじゃない?という話なので、住所を確認してみたら羽島市。
うん、確かに近い…バイクかっ飛ばせば、大体30分ちょいくらいで行けるか?

という訳で、来てみました。
三連休初日なので混雑していることを予想して、昼メシ時をちょっと外してみたものの、入ってみたら空いていてちょっと拍子抜け。
注文するのは、もちろん名物の「れんこんカツ丼定食」で!

目玉のれんこんカツは、単にれんこんを揚げたのではなく豚肉で巻いてあって、肉の旨みとれんこんの食感が合わさって、メチャ旨!

いかん!食べるのに夢中になって、写真撮り忘れたよ!

2018年12月21日金曜日

案外安く手に入るうえ、ここまで便利に使えるのなら、もっと早く買っておけば良かったなーということで。

火曜日にポチった、簡易撮影ブースが到着。
よーしよし、コレはなかなかいい感じですね。
背景の布はとりあえず黒を付けてるけど、他に白・緑・赤もあって対象に適した色での撮影が可能。
LED照明はコンセントではなくUSB電源だけど、モバイルブースター(あるいはバイク用に買ったジャンプブースター)を接続すればいけるし、場所も取らないので特段問題なしですな。

で、ちょうど俺ニクルの組み上げも一段落していたので、早速撮影してみる…

おおお!iPadのカメラだけど、こんなにも綺麗にスッキリ写るぞ!

2018年12月20日木曜日

休日1日目は平日にしかできないアレとかコレとかをやりたいところだけど、疲れを癒す為にここは「あえて休む」ということで。

年末年始の勤務シフトの関係で、今週は木・金・土が休みで日曜から出勤。
ちゃんと覚えておくんだぞ、オイラ。

どうかすると、出勤するの忘れて普通に土曜の夜に夜更かしした挙句に、のんびり起きてニチアサ観ながらまったり寛いでそうだから(笑)

という訳で、今日はとりあえずのんびり…Zzz

2018年12月19日水曜日

とりあえず第1回のラインナップでは、武器迷彩とミュージックディスク狙いですな。2枚だけ持っていないので…ということで。

運営のやる事なす事がいちいちグッダグダでやる気を削ぐに削がれ、最近はもう半ば惰性でのプレイになりつつあるPSO2。
一時期は「サービス終了までカウントダウンスタート」という雰囲気だったけど、辛うじて6年目はある様子で…

『ファンタシースターZERO』10周年記念コラボ
http://pso2.jp/players/campaign/pszmemory/

まーじーでー!?
というか、何で今更!?

DSのサポートなんぞとっくに終了してて、3DSも下火となりつつある昨今なのに、まだ覚えててくれたのかセガ!?
いや、オイラも『~ZERO』はいまだに時々プレイしているけどさ!

2018年12月18日火曜日

10年くらい前は、トンキン勤務時代にハンズで買った適当な無地の布を敷いて撮影してたっけなぁ…ということで。

この日記もそうだけど、ネタとして身の回りの小物をちょいちょい撮影する事の多いオイラ。
その割にまともな撮影ブースを持っておらず、毎回背景が自室そのまんまってのもいい加減アレでナニなんで、ボナースが入って懐がぬくぬくしている「このタイミング」で、思い切って買ってしまいましょう。

という訳で、コレをポチッとな…
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07K6BNDF7/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

2018年12月17日月曜日

まぁ根本的には「そんな個人的な話を職場に持ち込むな、手前で解決しやがりなされということで。

弟者の日記を見ながら、ふと思う。

いや…男女のイザコザの話の説教とかそういった「込み入った話」を、ンな休憩室でとか、いつ何時誰が入って来るか分からんような場でやったらいかんし、やらせちゃいかんじゃろ。
というか、オイラなら普通に「個室でやれ、個室で!」と怒ってる。

世の中、オイラみたく「他人の色恋なんざ、正直どうでもいい戯言だわ」と完全スルーを決め込む人間ばかりでも無いんだし。

特に女には絶対聞かせたくねーな。
無用に火を点けてしまい、山火事に発展し兼ねない。

2018年12月16日日曜日

ちなみにオイラが一番好きなゴジラ映画は、初めてリアルタイムで観に行った『~VSビオランテ』なのですということで。

テレビ放映されていた『シン・ゴジラ』を観る。
劇場公開当時にも観に行き、その帰りに勢いでゴジラのソフビ買いに行ったりもしたし、今観帰してもやはり面白かったといえば面白かったのではあるが、それと同時に

怪獣映画好きなオタクが全力でオタの浪漫とか矜持とかを盛り込んで自由に作った、どこを切り取ってもオタ臭さの漂うゴジラ映画

って感想もまた同時に抱いていたりする。
まぁ、監督が庵野さんですし?あの人に作らせたら「こうなる」わなぁ…と。

いや、嫌いな作風ではないんですよ、コレはコレで?