2018年12月9日日曜日

つか、宇宙世紀0097の時点でも、ディジェは現役なのかよと…つっても前年のUCの時代にもゾゴックとかいたしなぁ…ということで。

『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』を観て来ましたよっと。

本来なら平日に休みを貰えた3日に行く予定だっが、当日がクッソ雨でさぁ…(溜息)
人気作に出遅れた手前もあって、パンフレットについては正直諦めてたが、いざ劇場へ入ってみたら「パンフレット特別版(別添「最終報告書」付)入荷しましたー」とコールされてたので、マッハで列に並んで購入。

ストーリーとしては『~UC』の翌年に起こった事件「不死鳥狩り」をメインとした短編で、この1作だけで完結する内容。
『~UC』本編も関係あるっちゃあるのだけど、どちらかというと主人公であるヨナ・ミシェル・リタ3人の関係にスポットを当てた内容でしたな。

当初はガンダムシリーズ恒例の「後付け」で生まれた程度にしか思っていなかった、ユニコーン3号機フェネクスの印象が良くなりましたわい。

とりあえず、フレームとアーマーで各600円と高いのを理由に手を出していなかった食玩『機動戦士ガンダム Gフレーム』で、フェネクスとナラティブを確保するか!
http://www.bandai.co.jp/candy/gundam/gframe/

2018年12月8日土曜日

まさか生きている間に翻訳出版されて、夢にまで見た「それ」を手にする日が来ようとは…ってレベルの嬉しさということで。

先週『ヴェノム』を観に行ったついでに『ヴェノムバース』を購入したばかりだが、今回は『ザ・ビッグガイ&ラスティ・ザ・ボーイロボット』を購入。
http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=5359

元は1996年の作品で、日本ではスポーンのフィギュアが頭悪そげなサブカル誌に「激レア激ヤバ即ゲット!!!」とか言われてイケてるグッズとして人気を博していた頃に、何かの雑誌の片隅で紹介されていましたっけな。

面白そうだとは思っていたものの、当時の日本でのアメコミ事情はまだ拙いモノで『X-MEN』や『スパイダーマン』や『スポーン』のような人気・話題作の他は、小学館の『マーヴルX(クロス)』みたいな特集誌でちょろっと紹介される程度。
本作もマイナーな部類ゆえに、当時の情勢では翻訳出版なんてとてもじゃないがされる訳もなく、まさに「夢にまで見た」ってヤツですわい。

2018年12月7日金曜日

まぁ今回の迅速な方向転換に関しては、珍しく判断が早かったねと褒めてあげても良いレベルですが…ということで。

先日も毒を吐いたばかりの、例のキャンペーン。

やはりアプリでは利用率が低い&システム不備で「スタンプが押せない」トラブルからの苦情がぞろぞろ入ってるそうで。

あっさり掌返して、紙のカードとハンコとの並行実施に切り替えやがったよ(笑)

当たり前だ。
スマホアプリに目を付けたまでは良いが「とにかく世に出す事が最優先だ!」と練り込み不足の突貫工事で作ったハリボテアプリなんざに、顧客が付く訳が無かろう?
お前ら、このクソアプリのストア評価を一度でも見た事あるのか?
俺だって仕事だから仕方なくスマホに入れてるだけであって、一個人として評価するならこんなん俺でも☆1だわ。

2018年12月6日木曜日

予想外の相手を見上げながら、長谷川先生風に「どーしろってんだー!?」と叫ぶまでがワンセットの様式美なのですということで。

ここ数日、急にLEGO熱が再び激しくなったと言うか、ほっぽらかしていたパーツを眺めていたら急にインスピレーションが湧いてきたと言うかで、コチャコチャ弄ってたらこうなりましたよっと。
LEGOスーパー緋彩ーズでのポジションは、ズバリ「ラスボス」ですな。

分かりやすい例として、昭和の特撮における
とか
とか
みたいな、ラスボスの正体見たり大巨人ってアレです。

とりあえず、まずは手足をつけて人の形にする事を目指して、余って眠らせてたパーツや数年前に二個買いしていた(パーツ取り用)ヒーローファクトリーのファーノXLとロッカから使えそうなモノをかき集めて組み上げたのがこの状態。

ここからブラッシュアップを重ねていくのだけど…
ぶっちゃけ世に数多くいらっしゃるニクラーガチ勢の方々には到底敵う訳が無いので、適当に妥協しつつそれなりにカッコ良くしていくつもり。

っていうか、あんな奇想天外なパーツの使い方と積み上げに積み上げを重ねまくった複雑怪奇なシロモノ、真似してみろと言われてもできるかっつーの!(笑)

2018年12月5日水曜日

バディコン参戦に続き、今度はヴヴヴが!?そうそう、そういうのがもっと欲しいのよ、そういうのが!ということで。

先日たまたま流れてたスマホ版スパロボ新作のCMを観て「ふーん、X-Ωとはまた別で新作を出すんだー」くらいにしか思っていなかったのだが…
https://srw-dd.suparobo.jp/

なんやて!?
参戦作品に『革命機ヴァルヴレイヴ』が入ってるだと!?

よし、これは絶対にプレイする!
シナリオ面でのスパロボ補正で、あの胸糞だった本編がどう改編されるのかを見てみたいから!期待してますぜ!

というわけで、事前登録ポチっとな…

2018年12月4日火曜日

今回は1発目なので不振に終わってもしゃあない、まずはコレを繰り返して認知度を高める所から…とか思えればいいんだけど、それはできないって返事なんだろうなぁ(溜息)ということで。

昨日から始まった、ウチの新しいキャンペーン。

いつもなら紙のカードとハンコでやってた「スタンプ集めて割引サービス」的なアレを、スマホアプリでやるっぺー!という方向性は悪くなかった。

その為にアプリをリニューアルしたのも、テスト環境で不具合出まくりだったのも、問い合わせしても「位置情報を認証させればいい」の一点張りで、お前絶対解ってねぇだろ?な対応だったのも、返答を放ったらかして飲み会(送別会)を優先した事も、最終的に本番環境では問題無く作動したので、結果オーライって事にしてやろう。

アプリの普及率が根本的に低過ぎて、キャンペーン開始から1日半経過しても対応数ゼロ件だよ!バーカバーカ!ざまぁみろ!
※押印対象となる人は沢山いたが、アプリの提示は全く無かったとのこと。

いや、アプリの普及率を上げたいのは分かるよ?
でもリニューアル前の仕様がクソ過ぎて現状の普及率がカスレベルなのに、急にキャンペーンをアプリオンリーへ移行しても、それは「客の目の届かない所へ置き換えた」だけ。
従来通りに紙のカードとハンコで実施してた方が、まだマシだったんじゃね?

2018年12月3日月曜日

ストック全体がまっみどりーなのは実物からであって、別に某ピンクのP-90的なアレでナニという訳じゃないんですよ?ということで。

9月に注文&代金の振込をした「例のアレ」

今日届いたッ!
という訳で、グッドハンティング様に予約注文していた「SV-98 type1 VSR-10用ストックキット」がやっと到着。
https://goodhunting.jp/2018/03/16/taringcarving-stock-001/

とりあえずは、近々VSR-10を購入するとしましょう。
プロスナイパーとGスペックとどちらのモデルが良いのだろう…?